バッグ修理について

長年愛用していたバッグが劣化してしまったり、壊れてしまうと非常に残念な気持ちになります。そうした場合は自分で修理するのは難しい為、専門業者に依頼するのが賢明です。ここでは、バッグ修理の内容についてご説明します。

バッグの修理は当然、状態により作業方法が異なります。持ち手や持ち手と本体をつなげている根革が切れてしまったり、破れてしまった場合は、修繕したり交換します。元の色や形状により近くなるように新しく作成します。内装の交換では、中が破れてしまったり、汚れでべとべとになってしまったり、剥がれた場合は、内側を張り替えます。元の素材に合わせて張り替えたり、丈夫な物に替えます。また、バッグで一番擦り切れてしまいやすいパイピングやバインダー部分は、部分的な修繕と全体の修繕があります。放置しておくとどんどん広がってしまいますので、早めに修理する事をお勧めします。その他、壊れやすい箇所としてファスナー部分が挙げられます。閉まらなくなってしまったり、持ち手が取れてしまいファスナーとしての機能が無くなってしまった場合は、交換します。また、バッグのあらゆる箇所で使用されていたり、デザインとして装飾されている金具が錆びてしまったり、取れてしまった場合も交換します。色や質感などについては、専門業者では多く取り扱っている為、現状に近いものを選択したり、顧客の要望に合わせて違うものにする事も可能です。

大切なバッグを長く愛用する為にも普段からケアをし、壊れてしまったら迅速に修理に出しましょう。