修理の値段

バッグの修理には店舗により、大きな差があります。また、バッグを販売しているメーカーやブランドの直営店に依頼した場合は、新品を買った方が安くつく場合もあります。ここでは、バッグの修理の値段について、ご説明します。

バッグの修理は、箇所によって様々です。最も高いのが、バッグの側面であり、パイピング交換になります。おおよそ1万円以上かかるものが多く、次いで持ち手部分を新たに作成した場合で、約6000円から15000円前後、ショルダー部分の新たな作成、錠前交換で8000円以上となっています。比較的安い値段となっているのが、持ち手のほころびの修理で約1000円、バッグの金具の修理で300円から3000円前後となっています。バッグのファスナー部分や、ジッパーなどの金具になるとぐんと高くなり、6000円からかかる場合もあります。バッグの内側や表面では、高いものが多く、かぶせ裏の交換で8000円以上、内張りの交換では15000円から20000円前後となる場合もあります。

ブランド直営店やメーカーではこれ以上かかる事もある為、バッグの修理専門店に依頼した方が安く済みます。また、修理実績の多い専門業者なら安心して頼めます。